血管に存在する細胞骨格タンパク質であり、このタンパク質に生じた変化が、他の細胞骨格タンパク質の構造変化を促し、血小板凝集が制御されると考えられております。